安心・安全なオリジナルの注文住宅|イケダホーム

創業50年 春日市の工務店

スタッフブログ


下別府 幸人

地盤改良について

2019年 06月 19日 (水)

先日、お客様との会話の中で「地盤改良」というワードが出て、

今日の朝も地盤改良が・・・という話が出ましたので、ブログにあげておきます。

地盤改良とは?

地盤改良とは字の通り「地盤を改良する」ことです。

土の奥深くに地盤がありますが、この地盤が柔いと家が沈んだり傾いたりします

地震の際には家が倒壊することもあります

 

では

田んぼのような土の柔いところに家を建てるのと、

コンクリートのような硬い土に家を建てるのと、

どちらが良いのでしょうか

正解は「どちらも良くない」です。

と、ある職人さんにクイズを出されてことがあります。

 

理由は「ボーリング調査をしないと分からない」ということです

仮に柔い土の土地であっても、地下1メートル下から強固な地盤になっている場合もありますし、硬い土であっても地下は柔い地盤になっているかもしれません。

それは結局「調査をしなければ分からない」ということです

 

では地盤改良を仮に行うとして、どういう種類があるのか

大きくは3つあります

簡単に説明すると

①建物の基礎を埋め込むような工法

②地中にコンクリートの柱を作る工法

③長い杭を打ち込む工法

です。

 

施工金額はいくらになるのか

これはピンキリです。建物の大きさ、地盤の弱さ、擁壁の高さ・強さなど

総合的に判断されて必要な施工金額が確定という感じです。

安くても100万円~と言われています(目安50坪)

最近だと弊社で100万円切った方もいましたが、大体超えます。