安心・安全なオリジナルの注文住宅|イケダホーム

創業50年 春日市の工務店

スタッフブログ


下別府 幸人

間接照明の使い方

2018年 10月 06日 (土)

間接照明をご存知でしょうか

廊下などのダウンライトやリビングのシーリングライトなどの

作業箇所や机、テーブル、床などを直接照らす照明を「直接照明」と言い

 

壁や天井、床などに向けて照射を行い、その反射光によって照らす照明を

「間接照明」と言います

 

つまり間接照明に欠かさないものと言えば「反射する壁や天井の色と反射率」です

黒いクロスに光を当てても、ほとんど反射せず吸収してしまいます

また凹凸の多い素材も乱反射してしまいます

 

ところが、木材でも反射がいい種類があります

杉と檜です(反射率50~60%)

表面が綺麗な種類の木材は反射も可能ということです

 

とても、オシャレになる間接照明ですが

一歩間違えれば火事の原因にもなります

 

今はLED照明を使っていますので熱を持つことはないでしょうが

過去には間接照明に使用した白熱電球(昔の電球です)の近くにほこりがたまっており

その、ほこりに引火してボヤ騒ぎになった話を聞いたことがあります

 

また、多くの間接照明を多用してしまい

電気代が増えると言う難点もありますので、バランスよくオシャレに

することが重要だと思います