安心・安全なオリジナルの注文住宅|イケダホーム

創業50年 春日市の工務店

スタッフブログ


下別府 幸人

家の中が暑いのは なぜ?

2017年 08月 02日 (水)

おはこんにちは。下別府です

先日、リフォームの下見に行った際にお客様から

こんな質問が

「家の中が暑いのは屋根の断熱や厚みが関係していますか?」

とのことでした。

 

少なからず関係はしていますが

外気の温度が家の中に入ってくる率として(夏の場合)

「壁・屋根」は全体の約18%と言われています

(壁12% 屋根6%)

 

では、大半を占めているのはなにか?

「窓」です。

窓が7割を占めていると言われています

家は基本的に南側に大きな窓をつけます

そのため直射日光などの日が家の中に入ることで

また、窓を介して

家の中の温度が上昇すると言われています。

遮光カーテンなどでも、ほとんど効果はありません

家の中に入った時点でカーテンの熱が部屋に伝わるためです。

夏の日差しが気になる方は

窓の外に日差しを遮るものを設置するだけで室内の温度が大幅に軽減されます

日中の電気代節約にもなると思います(*´ω`)