安心・安全なオリジナルの注文住宅|イケダホーム

創業50年 春日市の工務店

スタッフブログ


池田 忠昭

最近思うこと

2017年 03月 15日 (水)

あかちゃんとこどもの違いってなんでしょう?
そして、
こどもと、おとなの違いってなんでしょう?

僕たちは、ほんとうに、今、おとなになりきれているのでしょうか?

あかちゃんは、
まじで、
自分が世界の中心だと
思っていることでしょう。

誰しもが、
自分が泣けば、
自分のために動き、笑い、何でもしてくれます。

愛されることそのものが、
仕事。

昔昔、悪趣味な王様が、
ふと、あかちゃんに何も言わなかったら、
何語を話すんだろう?
と興味をもち、
生まれたての赤ちゃんに対して

いっさい、無視をする

という実験をして、あかちゃんが、何語を話し出すのか・・・とずっとずっと、待っていたことがあります。

その結果、起きたことは・・・・

ただただ、
次々と
あかちゃんが、
亡くなっていくことだけが起きました。

つまり、
愛さることが仕事であるあかちゃんは、
愛されることがない環境では、
いくらご飯を食べたとしても
死んでしまう。

それぐらい、愛されたい

という想いを僕らは、生まれながら持ち合わせているのであります。

そんなあかちゃんが、
たくさん、
愛されることで、

徐々に

愛する

ということを知るのであります。

愛されたい!!!という想いの100%のあかちゃんが、

ほんの少しの
愛したい

という想いをもちはじめたら

こども

に変化したのかもしれません。

自然とこどもは、

ぬいぐるみを愛し、
動物を愛し、
お友達を愛し、

そして・・・

親や、弟や妹を愛するようになります。そして、いつしか
100%愛されたいという他人への依存から

自分で自分を愛せるようになり、

他者を愛することが
自分の人生の生きがいとなった時・・・・

僕らは

おとな

となるのでしょう。

世の中には、
企業、開業しても、上手くいかない組織があります。

世の中には
先代から代替わりした、トップが変わった組織が、上手くいかない組織があります。

残念ながら、それらの組織をみてみると、
そのトップが、
おとな
でなく
こどものまま。

それは、組織だけでなく
家庭も
小さな地域の中のチームも
例外なく
同じ。

おとなでなく、こどもが、
ただただ、
愛されたい
と思って創った組織。

愛されたいと思っているから、
愛されるために、
誰かに、
社会に
一時的には
優しいし
気も利くけれど

根本的には

ただの物々交換的発想だから・・・

最後の最後
苦しみ、
行動に移せない。

でも、
おとなならば、
愛されたい!!という想いは
もう、解決しているから
愛する!!
と決めることができて
困難に打ち勝つことができるのであります。

『愛が動くとき不可能が可能に。』

不安や
愛されたい
という想いで
不可能を可能にすることも、
確かにできるけれど、
それは、
ダースベーダーになるってこと。

正義と言いながら
誰かをもし、憎んでいたら

もう、それは、
愛しているつもりでも
愛していなく

ただただ、

自分が愛されたかったがゆえに
抱えてしまった道具としての正義

なのでしょう。

そういう意味で

ほんとうのおとな

になるために

「愛することの意味」

を社会の中で

共有していきたいものですね。。