安心・安全なオリジナルの注文住宅|イケダホーム

創業50年 春日市の工務店

スタッフブログ


下別府 幸人

とあるお医者様

2017年 02月 01日 (水)

こんにちは。ママフェアの準備で1週間缶詰予定の下別府です。

 

先日、とあるお医者様のリフォーム現場に行ったのですが

当社のホームページで、私が全国の方に無料で間取りを描いていることを知っていらっしゃって

「ちょっと参考にしてほしい」と

お医者様が考える「家」

というのを教えて頂きました。

 

①平屋+天井高

②バリアフリー

③庭

 

上記3点は最低条件だそうです。

 

①平屋+天井高

平屋の家は採光が取れる上に風が家の中を通りやすく、階段を使用しないため足への負担も減らせるとのこと。また天井を高くすることで圧迫感を軽減し、精神的な負担の軽減を行うそうです。

②バリアフリー

これも足への負担軽減となりますが、スキップフロアよりはこちらが良いとのことです。特に来客の際はバリアフリーの良さが発揮されるとのこと。人が集まりやすい家になるそうでコミニケーションが増えるそうです。

③庭

庭があることでの開放感と人間本来の自然との対話という意味で庭には植物があると良いとのこと。ヒーリング効果もあり、家庭菜園は子供からシニア層までが必ずしてほしいとのこと。

 

家である以上、癒しの空間でなければならない。

さすがお医者様です。

色々な方に、色々なことを教わります。

ありとうございます(*´ω`)